目の下のくまの原因は?

目の下にうっすらとできる黒い影…まるでくぼ地のようになっており、とても目立ちます。

このくまが出来る原因は睡眠不足疲労ストレスなど、十分な休息がとれていないことであらわれてきます。

では、くまはなぜ目の下にできるのでしょうか?

この答えはいたって簡単。

目の周りの皮膚は他の皮膚に比べるととても薄いから。
どれくらい薄いのかというと、卵の薄皮程度しかないという驚くほどの薄さです。

血管を流れる血液というのは、睡眠不足や疲労、ストレスといったダメージを受けると、血液がうっ血をおこし黒ずんだりしてきます。

皮膚の下にある血液の色がうっすらと透けてみえるほど薄い皮膚ですから、もちろんそのうっ血の様子は丸見えに近く、それで目の下が黒ずんでみえるのですね。

また、紫外線などによるダメージでメラニン色素沈着した際も、目の下にくまをつくります。

くまの種類で異なる原因

さまざまな要因からおこる、目の下のくま。
その原因の違いで、おこるくまも異なり…その症状により4種類に分類することができます。

①青くま
青みがかかった「青くま」は、濃くなったり薄くなったりとその症状を変化させます。
この原因は血行不良によるところが多く、睡眠不足体調不良冷え性目の疲れストレスなどによるホルモンバランスの乱れで血液の流れが悪くなると「青くま」を発生させます。
これの解消には原因となっている血行を改善する必要がありますが、ただ単に目の周りの血流を良くすればいいというわけではありません。
全身の血行を良くしていかなくては、「青くま」の改善は難しいです。
②茶くま
まさにくまといえば茶色、みたいなイメージが強い「茶くま」。
体調の良し悪しに関係なく、茶色もしくは黄色がかった茶色のくまが毎日のようにでているとすれば、その原因は色素沈着が原因といえます。
色素沈着を引き起こしている要因としては、紫外線や赤外線のダメージだけでなく、間違ったクレンジングによる刺激メイク用品に含まれる成分の刺激などが挙げられます。
この「茶くま」が起こる起こらないはお肌のターンオーバーの良し悪しが関係してくるもの。
刺激を与えないようにすることはもちろん、ターンオーバーも回復させるようにしなけれは「茶くま」はなくなりません。
③混合型
血行不良を原因とする「青くま」と、色素沈着を原因とする「茶くま」。
これらが混合した状態を「混合型」といいます。
これの解消には血液の流れを良くすること、そして色素沈着からの回復を促すターンオーバーの向上です。
④加齢型
これはその呼び名の通り、加齢によっておこるくまです。
年とともに目の下の皮膚がたるみ、細かい小じわなどからできる影が黒く見せています。
加齢は誰にもとめることはできないですから、すこしでも遅らせる努力(スキンケア)をすることでこのくまもできにくくなります。