目の疲れをとるアイテム

目の疲れを軽減するお助けアイテム

パソコンや携帯、スマートフォンなど、常に電子機器を見ることが多い現代人は、目をひどく疲労させてしまいがちです。

これらの機器は、そこから発する光や小さな文字などが目に知らず知らずに大きなダメージを与えているのです。

長時間の使用を長い間続けていると、目が少しずつその機能を壊していき、気が付いたときには目を開けているのも辛いほどの痛みに襲われるようになったりもします。

それだけ、電子機器の影響は強いのです。

そうならない為にも、日頃からパソコンや携帯などの使用は控えたいものですが、仕事の関係上そうはいかないことが多いのが現状。

それならばせめて、定期的な眼科での検診や、市販されている目の疲労軽減アイテムを使うなどして、ケアを十分にしておきましょう。

最近は目の疲れを訴える人が多いせいか、その種類も豊富に販売されていますから探すのも容易です。

①ブルーライトカットメガネ
その発売に日本中のパソコンユーザーが注目したブルーライトカットメガネ。
パソコンから発するブルーライトを最大で50%もカットしてくれる、目にやさしいメガネとして人気。
今では、パソコンで作業する人には必須となっているといってもいいほどです。
もちろん度付・度無しとあるので、普段メガネをかけていない人でも大丈夫。
しかもキッズ用のもあるというのですから、成長過程のお子さんの目を守る上でも是非とも使いたいアイテムです。
②めぐりズム・蒸気でホットアイマスク
女性を中心に目のケアアイテムとしてヒットした花王の「めぐりズム・蒸気でホットアイマスク」。
手触りも優しい簡易アイマスクをつけると、次第にぽかぽかと熱を帯びてきて…その心地よい暖かさに目の疲れも和らぎます。
大体10分~15分ほどの使用でOKなので、仕事の休み時間や新幹線や飛行機での移動時に使う人もいるようです。
しかも嬉しい香りつき。
定番のラベンダーやローズ、ゆず、カモミールジンジャー、ユーカリグリーンと、その時の気分によって選べるのも嬉しいポイントです。
③おうちで夜ケア・目もとエステ
パナソニックから販売されている目元エステ。
アイマスクの豪華メカニックバージョン、といった姿形のこれは、
心地よくじんわりと温めるスチームと温感ヒーター、そして2つの選べるリズムタッチと、目の疲れを軽減させるためのスペシャリスト的な機種です。
目元エステというだけあって、たるみやシワなどの美容面でも嬉しい効果が期待できそうです。