目の下のクマ予防方法

できてしまってからでは遅い!目の下のくま

目の下に出来たくまは、それだけでお疲れ感満載な雰囲気を作り出します。そして、年齢よりも老けてみえるのですから困ったものです。

これでは、いくら日々のスキンケアに勤しんでも効果はまったくないといえます。くまがないだけでもわかわかしくきれいに見えるのですから、高価なスキンケアに頼るよりも、まずはくま予防が先ですね。

目の下のくまというのは、パソコンや携帯などで長時間目を酷使しているとできます。
疲れから血液がうまく流れなくなり、くまとなってあらわれるのですね。

読書もそうですが、これらはついつい夢中になってしまい瞬きの回数が自然と減ってしまい、それにより目が乾燥し、さらにくまをつくりやすくし、シワやたるみなどの原因ともなるのです。

このくまは慢性化してしまうと、老廃物が蓄積して活性酵素が発生するようになります。
活性酵素は必要以上の量を出すようになると、それが原因で体にさまざまなトラブルが起こるようになりますのでできれば避けたいもの。

活性酵素の攻撃から皮膚を守ろうとして、メラノサイトが活性化すれば、目の下に色素沈着が起こるようになりますから、ますますくまがひどくなります。

このくまを予防するには、まずは目の疲れを取ってあげることが第一です。
そのためには、目を酷使するような長時間のパソコンや携帯などの電子機器の利用は避けて目を保護すると共に、たっぷりの睡眠をとって目を十分に休ませることが大事。

それもただ眠るのではなく、質の良い眠りをとることがポイントです。

仕事などでどうしてもパソコンの作業時間を減らすことができない…という場合は、休憩時間をこまめに設定するようにするといいです。

例えば1時間おきに5分ほど休んだり、必要のないときはできるだけパソコンの画面から目をそらすようにしたり、またはパソコンとの距離をとってみてもいいですね。これだけでもだいぶ変わってきます。

また、部屋を快適にしてくれるエアコンは、目にとっては乾燥を促すものとなります。
くまができやすくなりますから、エアコンをつける際は加湿にも気を配っておくといいでしょう。

そして、目と関係がある
肩が凝ると顔の血流も滞ってしまうほど、その関係は密接です。

デスクワークなどで特に動くことがない人は同じ姿勢をとりがちで、これが肩こりを誘発します。
肩こりを予防する為にも、時折動いたり、ストレッチやマッサージをおこなうようにすると良いです。

くまというのは、一度できるとなかなか元に戻すことが難しい症状です。
できてしまってからでは遅いですから、日頃からくまができないように十分な予防を心がけ、いつでもきれいな目元を保ちたいですね。